スケジュール

YAYA's PLACEで予定されているコト
参加者さん募集中のコトもあり〼

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ヴィジョニングファシリテーター
  4. ☆初数秘&カラーヴィジョニングセッションモニター☆
ヴィジョニングファシリテーター【数秘&カラーin沖縄県読谷村】

☆初数秘&カラーヴィジョニングセッションモニター☆

はいたーい!! ここの所やりたいこと盛り沢山で全然追いついていない、けどかなーり楽しんでいる、読谷村の集落内にある古民家コミュニティカフェ&セレクトショップ・にじいろプレイスの店主yayaです。

つい一昨日、ヴィジョニングファシリテーターの講座を受講させていただいたばかりでございますが、本日初のモニターセッションをさせて頂くことが出来ました!

本日のお客様は、元々数秘&カラーのご予約をいただいておりまして、折角だからと元々予定していたセッションにヴィジョニングのワークを組み込ませて頂いたのでした。

最初は、いつもの通り、私の描いた絵を参考にしていただきながら、その方の持つ数秘&カラーの解説を。

この方、算出しましたら、、、、

ライフパスナンバーが な、なんとっっっ!!!!

幻の44!!!

ま、単純に見れば豊かさの象徴『』さんだったわけなんですが、気になったので『44』を検索してみました。私。

そしたらね、もう数秘の中ではレア中のレア!!!

ということで、次は400年以上先にならないとこの『44』さんは現れないそうですよ!!
奥さん!!! これは事件ですよねっ?

でお名前から出す他の数字にも『33』が入っていたり、成熟ナンバーも『11』だったりで、もう完全になんだかんだ言わずに感覚を大切にしなきゃいけない方だったんです。

けど、色々な理由や、要因があって、今までは自分が直感で感じることはあっても、そこに自信を持てず封印していたみたい。

今日は、もう感覚からの言語化で、パッカンパッカン、蓋が開きまくりでした!!
すごくポジティブな意味で!!

彼女のとても素敵な長所や強みの部分が、よくわからない変なコンプレックスやらなにやらで、自分自身から褒めてもらえることもなく隠れてしまっていたのですが、今日はとうとう陽の目をみることが出来ました❤

いやぁ、この数秘&カラーを使ったヴィジョニングワーク、本当に素晴らしいです。

今までの数秘でも、自分自信の本質や資質を知り自己受容&肯定してあげることは出来ましたが、このヴィジョニングワークではその更に先を行く、更なるポジティブな気付き、未来ビジョンの明確化、なんか知らないけどすぐに行動に移さなきゃいけない衝動に駆られる(というか移すべき!!)ということで、いきなり自分自身を書き換えるとかいうことではなく、今ある自分をポジティブに活用できるように頭の中の書き換えができるんです!!

要は、誰でも素晴らしい強みや長所を持っているということが実感できる』ということです。

今日のお客様も、もうすごくすごくご自身の存在に、ご自身の在り方に感動されて帰って行ってくれました?
その心境はきっと、『自分、ありがとうx∞?』です。

わたし、このヴィジョニングファシリテーター講座を受けて、ファシリテーターになれて本当に良かったです。
そしてそのタイミングも本当にどんぴしゃなタイミングでした!

 

一昨日、モニターさんを募集させていただきましたが、ありがたいことにすぐに3名のモニターさんが決定しまして、今日の初モニターさんだけでも手応えと達成感を感じることが出来ましたので、3月3日の本格オープン後はすぐに通常メニューに新メニューとして加わらせようと思っています。

何段階かモニターさんで試させていただこうというのが当初の計画ではあったのですが、思うよりももっともっと私の思考エネルギーも注入していくセッションでしたので、このままモニターという形で続けるのはとても難しいなと今日感じました。

それくらい、結果としてそれだけ満足していただける、価値のあるセッションであると既に自信を持って言えるのです。

今何かを始めようとしている人、頑張って色々やっているつもりが空回っているように感じている人、自分が何が出来るのか見えなくなっている人、そんな人たちに是非受けていただきたいワークです。

これからこれを提供していけるということが私の喜びです✨?
ありがとうございます♪

 

?今日の学び?

『自虐ネタや、誰かをネタにした笑いは本当のハッピーな笑いではない。

 人をハッピーに、そして笑顔に、楽しませたいなら、みんなが喜ぶ言葉で楽しませよう!!

 傷ついたら、笑ってごまかして自分をちゃかさないで、ポジティブな言葉を返してあげよう♪』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。